企業内でのインフラエンジニアの役割

インフラエンジニアの仕事は、特定の環境内でデータの送受信を行う為のネットワークをつくります。これはインフラのシステムを設計する事からはじまり、ウェブやデータ専用のサーバーなどを設置するなど専門性の高い作業を必要とする技術職です。そして、インフラエンジニアは既存のネットワークの性能を見極め、新たなネットワークにどの程度の性能が必要かを検証します。これらの作業を通じてインフラに要するコストやネットワーク構築に要する期間を算出し仕様書を作成するのです。インフラエンジニアとして活躍する為には技術的な要素だけではなく、クライアントからヒアリングを行いネットワークに必要とされるスペック等をまとめあげる能力も不可欠です。

また、インフラのエンジニアにはシステムが最適な状態で稼動するように監視する等の役割もあります。従って、クライアントと直に接するチャンスも多く、必要に応じてシステムを変更する事も大切な仕事です。その為、これらの幅広い知識を身に付けるために数年単位でインフラの技術職に携わることが必要とされ、未経験者がネットワーク構築の職種に携わる上では予めネットワークやサーバー関連の専門資格を取得しておく事も求められます。このネットワーク構築に関連した仕事では実際にサーバー等の機器を発注して設置するなどの業務も行います。これは様々な機器をケーブルで連結してネットワークを構築する作業です。従って、インフラを構築する為にはこれら一連の業務を担うエンジニアの役割が不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です